個人ならフリーの会計ソフトでも大丈夫!

会計ソフトは、簡単な機能しかないものであれば、フリーソフトとしてダウンロードすることができます。表計算ソフトのテンプレートとして発表されているものもあって、難しいことを要求しないのであれば、まったくお金をかける必要がありません。

個人で記帳のために使うなら、フリーソフトでもまったく問題なく使っていくことができるはずです。


ただ、最新の法改正に対応しているかの確認はしておくべきです。
古いものなら、間違った計算結果になってしまうことが考えられます。



大きな企業になると、もちろん有料の会計ソフトを使うのが当たり前です。

ただ、有料と言っても一年に数万円程度で済むので、大きな負担になるわけではありません。

教えて!gooを自分らしく選ぶなら此方のサイトがオススメです。

パッケージソフトでも五万円前後が相場ですし、安いものであれば数千円で買えます。

ダウンロードタイプのソフトなら値段相場はさらに下がって、三千円前後で導入可能です。
クラウドタイプのものは、ダウンロードをする必要すらありません。月額料金制になっているケースがほとんどで、一ヶ月数百円から加入できるサービスもあります。こうしたソフトは多くが、無料試用期間を設定しています。会計ソフトによってはそれぞれ個性というものがあって、できることとできないことも違います。

自分の会社で使うには何が一番かを、実際に各ソフトを使って判断できるようになっているのです。



無料試用期間は数週間から数ヶ月ですから、その間に細かい部分まで使ってみて自分の目でチェックするといいでしょう。